与那国駐屯地建設に期待 建産連に初の説明会 自衛隊配備計画 地元優先・分割発注要望へ

与那国町久部良地区に建設される陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地、アンテナ施設のイメージ図。説明会で提示された。町景観条例などに基づく協議を経て変更される可能性がある。
与那国町久部良地区に建設される陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地、アンテナ施設のイメージ図。説明会で提示された。町景観条例などに基づく協議を経て変更される可能性がある。

 与那国町への陸上自衛隊沿岸監視部隊配備で駐屯地などが建設されることを受け、建設関連業者で組織する八重山建設産業団体連合会(黒嶋克史会長)は16日、防衛省発注工事に関する初の説明会を、市内ホテルで開いた。沖縄防衛局の担当者は、今年度末にも敷地造成工事を発注し、来年度以降に建設工事を本格化させる方針を示した。同連合会は年内にも防衛省に対し、地元優先発注や分離分割発注などを要請する予定。説明会には業者を中心に約100人が参加し、期待の高さをうかがわせた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html