安倍政権 違法状態解消に決意 「第2の竹富町」出現懸念

 【解説】八重山教科書問題で、文部科学省が県教育委員会に対する是正要求に踏み切ったのは、違法状態解消に向けた安倍政権の強い決意を反映したものと言える。民主党政権は違法状態を事実上黙認することで問題をいったん解決したが、将来、全国の教科書採択で「第2、第3の竹富町」が出現しかねない危険は放置されたままだった。


 異例の強硬措置は、竹富町の採択やり直しに向け、問題解決に消極的だった県教委に対し、本来あるべき責任を引き受けるよう迫るものとなった。
 現在、中学校の公民教科書は石垣市と与那国町が育鵬社版、竹富町が東京書籍版を使用しており、採択地区(八重山地区)内では同一の教科書を使用しなくてはならないと定めた教科書無償措置法に違反している。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html