ダンスで寝たきり予防 がんじゅう教室始まる

がんじゅう教室でダンスを楽しむお年寄り=19日午前、大川公民館
がんじゅう教室でダンスを楽しむお年寄り=19日午前、大川公民館

 お年寄りの体力をつけ、転倒などによる寝たきりを予防する「石垣がんじゅう教室」が19日から大川公民館で始まった。約30人が参加し、初日はリズム体操やダンスなどを楽しんだ。
 対象は65歳以上。市地域包括支援センターから委託を受けた市レクリエーション連絡協議会(宮良博之会長)のメンバーが講師を務めた。
 お年寄りたちは、メンバーの指示に従って手足を動かし、メンバーの1人は「寝たきりにならないように、心も体も元気にしたい」と話した。
 同教室は来年2月23日まで。参加者は2月8日に開かれるレクリエーション交流大会でダンスなどを披露する予定。