アカハチのルーツは倭寇? 玉津氏、伊原間中で講話

講話で八重山の歴史を紹介する玉津氏=24日午前、伊原間中体育館
講話で八重山の歴史を紹介する玉津氏=24日午前、伊原間中体育館

 石垣市教育長の玉津博克氏は24日、伊原間中学校で「八重山の歴史と偉人たち」をテーマに講話し、大浜の英雄、オヤケアカハチのルーツが朝鮮の倭寇(わこう)かも知れないという説を紹介した。


 アカハチは1500年、琉球王府の軍などによって攻め滅ぼされた。玉津氏は、当時、琉球王府が中国に倭寇の取り締まりを約束していたことから「アカハチが倭寇の流れをくんでいたとしたら理屈が通る」と推測。当時、倭寇には朝鮮人や中国人もいた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html