「辺野古移設で北部振興」 島袋氏が出馬表明 名護市長選

名護市長選に出馬表明する島袋氏
名護市長選に出馬表明する島袋氏

 来年1月19日の名護市長選で、前職の島袋吉和氏(67)は30日、同市で記者会見し、出馬を表明した。米軍普天間飛行場の移設問題では「辺野古移設なくして北部振興はない。名護市の閉塞状態を何とか打破したい」と述べ、辺野古移設の容認姿勢を鮮明にした。


 市長選には移設反対を掲げる現職の稲嶺進氏(68)、容認派の市議団や経済界が推す県議の末松文信氏(65)が既に出馬表明しているが、末松氏は普天間飛行場問題への姿勢を明らかにしていない。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html