玉津教育長の続投確認 「発言は慎重に」と苦言 市教委

市議会の不信任決議を受けた市教委定例会で発言する玉津氏(右)と、厳しい表情の石垣氏=31日午後、市教委
市議会の不信任決議を受けた市教委定例会で発言する玉津氏(右)と、厳しい表情の石垣氏=31日午後、市教委

 石垣市議会が玉津博克教育長の不信任を決議した問題を受け、市教育委員会(高木健委員長)は31日の定例会で対応を協議し、玉津氏に違法行為はないとして続投させる方針を全会一致で確認した。ただ委員からは「今後、誤解が生じないよう、言葉を選び、慎んでほしい」(高木委員長)などと玉津氏に苦言を呈する声が相次いだ。

 

 玉津氏が市議会で「戦争の悲惨さを強調する教育の弊害は思考停止」という趣旨の発言をしたことについて、徳松節子委員は「発言を新聞で何十回も読んだが、不信任まで行く発言なのか。理解に苦しむ」と続投を支持。仲山久紀委員も「(玉津氏が)さまざまな平和教育に取り組んできたにもかかわらず、メディアで批判されるのはいかがなものか」と同調した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html