守下直克さんに藍綬褒章 立ち直り支援する保護司

 政府は2日付で、2013年秋の褒章受章者を発表した。八重山地区からは、保護司の守下直克さん(76)=石垣市石垣=が更生保護功績で藍綬褒章を受章する。県内では守下さんを含め黄綬褒章3人、藍綬褒章4人が選ばれた。

 

 犯罪、非行をした人たちの立ち直りを支援する保護司を30年余も務めている。保護司は保護観察の少年から一般まで老若男女様々。過去の過ちから更生するために、何度も足を運んで相談を受ける根気のいるボランティア。「最初はどう接していいか分からず迷ったこともあったが、更生して職人として立派に働いている姿を見ると、やっていて良かったと思う」と話した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html