玉津博克石垣市教育長の…

 玉津博克石垣市教育長の早期辞任を求める集会が開かれる一方、11月には玉津氏を支援する集会も開かれる。これが沖縄本島だったら、支援集会などは恐らく考えられないのではないか。異なる考えを持つ団体がそれぞれに意見を表明する。まさに民主主義の成熟した姿であり、石垣市ならではと言える◆玉津教育長は現役教師時代、社会が専門で、教え子の話を聞くと、自由な発想を認めるユニークな先生だったそうだ◆玉津氏は先日、伊原間中で講話し、大浜の英雄オヤケアカハチが倭寇の流れを汲んでいたという仮説を紹介した。面目躍如といったところだろう◆石垣市の教育の最重要課題は平和教育ではなく、学力向上だ。本社に読者からFAXが届いた。玉津氏の辞任を求める団体に対し「その多大なるエネルギーで、放課後の冠鷲プロジェクトでボランティアとして各学校に赴いていただけませんか」と記されていた。匿名なので紙面には掲載できなかったが、八重山にはこういう意見もあることを紹介したい◆いずれにせよ、賛成、反対それぞれの立場を堂々と表明して活発に議論する人たちを見るたび、つくづくこの島に生まれて良かったと思う。尖閣諸島を狙う隣国とは違って、私たちは民主主義の恩恵に浴しているのだから。