負けないモ~ん! 与那国で闘牛大会

「入れっ!」という闘牛士のかけ声が響く中、白熱の攻防を見せる闘牛=8日午後、与那国町
「入れっ!」という闘牛士のかけ声が響く中、白熱の攻防を見せる闘牛=8日午後、与那国町

 与那国島一周マラソン大会を記念して、第108回闘牛大会(主催・与那国闘牛組合)が8日、与那国町イベント広場の闘牛場で開催された。3歳から7歳の12頭が、迫力ある闘いを披露。約150人の地元住民や観光客は、白熱の攻防に歓声を上げた。


 与那国産の闘牛は質のよさで定評があり、沖縄本島、石垣島、鹿児島県の徳之島などで売買されている。現在、町内には約20頭の闘牛がいる。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html