便利なものには… 辻 維周

 先日、自動ブレーキシステムを搭載した車の試乗会に参加した。自動ブレーキシステムとは、前方に障害物があると、車自身がそれを検知し、ドライバーが回避操作をしない場合には、車が自動的にブレーキを掛けてくれると言うもの。


 その試乗会では係員が運転し、私が助手席に座って体験してみると言う方式だった。自動ブレーキシステムは車種によって、カメラで前方を監視するタイプのものと、レーザーで監視するものの2種類あると言うが、両方とも原則として時速30キロ以下で作動する、いわば緊急回避用の装置である。


 実際に体験してみると、時速25キロ程度で障害物に向かっていき、ブレーキを操作せずにいると、障害物から10メートル程度前で警報音が鳴り、それでもブレーキを踏まないと急ブレーキが掛かり、ABSも作動した。


 感想は「このシステムはあくまで安全運転支援システム、つまり緊急回避用であると言うことを理解していない人には運転してほしくない」である。


 まず、電子装置は突然エラーを起こす可能性がある上に、本当に急ブレーキが掛かった場合には、後続車の追突を誘発する恐れが高いからである。さらにこの装置をつけた車を購入した人は、十中八九「試してみたい」と思う欲求に駆られるはずである。しかしこのようなことを公道で行ったとしたら、危険極まりない。特に石垣では車間をほとんど取らず、ぴったりと後ろに貼りついてくるような無謀運転も多いため、急ブレーキが掛かると追突事故が起きてしまうに違いない。


 もともと余計な装置には関心のない筆者であったが、試乗後は「どうも信頼が置けない。自分は絶対にいらない」と言う気持ちが一層強くなったのであるが、案の定、他県の試乗会でシステムが作動せずにフェンスへ激突し、乗っていた人が怪我をすると言う事故が起きてしまった。これが誤作動なのか、誤操作なのかは捜査の結果を待たなくてはならないが、いずれにしても過信は禁物である。


 飛行機が着陸したときのオートマチックブレーキとは違い、車の場合にはさまざまな条件が重なり、結果としてシステムエラーが起きると、取り返しのつかないことになってしまう。


 車は毎年劇的な進化を遂げ、マニュアル一辺倒の時代から、3速オートマチック、4速オートマチックを経て、現在では6速オートマックや、CVTと呼ばれる無段階変速オートマチックまで存在するようになった。しかしそれに伴って、アクセルとブレーキを踏み間違え、壁に激突したり、人身事故を起こしてしまったりするケースも後を絶たない。さらに、かつて自分が乗っていた車も、クルーズコントロール(定速走行装置)がエラーを起こし、高速道路走行中に急加速してしまい、あわててニュートラルにして路側帯に止め、難を逃れたことがあった。その原因は「コンピュータートラブル」と言われた。


 そのようなトラブルは無くても、マニュアルミッションと違い、オートマチックミッションはどうしても10万キロ前後で滑ったり、オイル漏れを起こしてしまったりすることが多い。ミッションが一度壊れると、それこそ中古車が1台買えてしまうだけの修理費がかかり、結局廃車にする運命をたどるものも少なくない。


 ミッションだけではなく、パワーウインドウも一度壊れると大変なことになる。


 車を長持ちさせ、維持費もあまりかけたくないのであるならば、ミッションはマニュアルで、余計なものは一切ついていないモデルを選んだほうがいいのかもしれない。


 便利なものには、逆に言うと、それだけトラブルの元をはらんでいることを忘れてはいけない。所詮機械は機械であり、絶対と言うことはないのである。