違法状態さらに長期化 「一部世論に迎合」批判も 竹富町教科書問題

 【解説】竹富町教科書問題で、県教委が文科省の是正要求指示に従わず、10月に続いて再び判断を先送りした。八重山採択地区で竹富町だけが異なる教科書を採択している教科書無償措置法の違法状態は、さらに長引く見通しだ。県教委のこうした姿勢に対しては、育鵬社の公民教科書に反発する一部の世論に迎合しているとの批判も出ている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html