八重山周辺まで防空識別圏 中国、一方的に設定 両国間の緊張激化

中国国防省が発表した東シナ海の防空識別圏(同省ホームページより)
中国国防省が発表した東シナ海の防空識別圏(同省ホームページより)

 中国政府は23日、他国の航空機に対し、中国軍の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させる範囲となる「防空識別圏」を東シナ海上空に一方的に設定し、同日午前10時(日本時間11時)に施行したと発表した。中国の防空識別圏は尖閣諸島をすべて含み、石垣島や与那国島の目前まで迫っている。日本の防空識別圏とも重なっており、今後、両国間の緊張が高まるのは必至だ。

 

 中国が防空識別圏を設定するのは初めて。尖閣問題で対立する日本に対する新たな対抗措置と見られる。尖閣周辺海域では中国公船が領海侵犯を繰り返しており、空域でも日本への圧力を強めた形になった。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html