北西部など候補地11カ所 水族館基本構想を発表 年間50万人の来場見込む 石垣市

水族館の完成予想イメージ図
水族館の完成予想イメージ図

 天候に左右されず石垣の海を満喫できる観光資源として、水族館建設を計画している石垣市は28日、水族館推進基本構想を発表した。北西部や新港地区で計11カ所の建設候補地を挙げており、今年度着手する基本計画策定作業の中で絞り込む。完成後は年間50万人の来場を目標に掲げた。財源には一括交付金の活用を見込んでおり、今後、関係機関と調整する方針。建設に向けた具体的な作業は財源確保後になる。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html