合格者82人が晴れの舞台 磨き抜いた技披露 古典音楽コンクール発表会

 第36回八重山古典音楽コンクール発表会(八重山古典音楽協会主催)が11月30日、石垣市民会館大ホールで開かれ、合格者82人が晴れの舞台で磨き抜いた技量を披露した。会場に詰めかけた多数の聴衆は、三線、筝曲、笛、太鼓の4部門で難関を突破した合格者たちが織りなす格調高い調べに聞き入った。

 

 発表会は受賞者全員による「鷲ぬ鳥節」で幕開け。続いて、新人賞受賞者たちが「鶴亀節」を斉唱し、笛の新人賞を受賞した2人が「千鳥節」を合奏した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html