尖閣空島政策は軍備増強の陰謀だ② オスプレイは必要か 石井 望

 チャイナ側が自衞隊の出て來るのを待ってゐて開戰に持ち込むといふのは嘘である。米軍機が堂々と飛行したが何事も起こらなかったではないか。チャイナは實行できずに法螺を吹く「紙虎」(張子の虎、毛澤東の好んだ言葉)に過ぎないことが、素人目にもよく分かったのが今囘の收穫である。


 安倍政權は公務員常駐を公約した。しかし防衞の專門家に訊くと、公務員常駐は意義を成さず、常駐するなら自衞隊が電光石火の速度を以て上陸野營して數日のうちに據點を築くべきであり、その能力も有るといふ。國内で部隊が移動するだけだから國會の同意も必要ない。過激な行動でも何でもない。


 自衞隊常駐は一方的行動だとして世界が批判するだらう、と識者は言ふ。しかし今の絶好機ならば批判を受けずに濟む。チャイナ側が先に平和を脅かしたからである。アメリカは口先で牽制しても、日本に制裁を加へることはできない。その後の新たな報道によれば、米國政府は民間航空各社が飛行計劃をチャイナに提出するやう求める方針を決めたといふ。未確定情報だが、いづれにしろ日本は米國にすがりついても尖閣喪失の時が近づくばかりだ。年内に常駐せねばこの絶好機は雲散霧消するだらう。かりに尖閣を領有するのが日本でなく韓國であればどうか。韓國軍は疾うの昔に常駐して要塞を築いてゐるだらう。竹島を見れば分かる。


 日本は尖閣に常駐せず、空島政策を續けてゐるため、逆にチャイナによる侵犯を呼び込んでゐる。眞空となった尖閣を取りまく周邊の軍備ばかり増強してゐるのは、日米共同の陰謀ではあるまいか。軍備増強のために尖閣を利用してゐるのだ。尖閣に常駐してしまへば、自衞隊が八重山海域で演習を行ふ必要も無くなり、八重山の人々は逆に安寧を得られる。演習は石垣本島でなく尖閣海域でやれば良い。オスプレイも不要となるかも知れない。
                              (つづく)