東京五輪「石垣にもチャンス」 合宿誘致を積極的に推進 市議会一般質問

 石垣市議会(伊良皆高信議長)12月定例会は一般質問2日目の12日、我喜屋隆次、内野篤、石垣三雄、小底嗣洋の4氏が登壇した。2020年に開催される東京五輪に向け、嘉数博仁観光文化スポーツ局長は「さまざまなネットワークを活用して国内外のオリンピック競技の合宿誘致を積極的に推進する」と答弁。合宿誘致に向けた絶好のチャンスという見方を示した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題で中山義隆市長は「普天間の危険除去を最優先に考えると、日米合意案の辺野古を選択肢から外してはならない」と述べ、住民の合意を前提に、名護市辺野古への移設を容認する考えを改めて示した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html