障害者支援制度、来年度拡充 尖閣慰霊祭の現地開催見送り 市議会一般質問

 石垣市議会(伊良皆高信議長)は一般質問最終日の16日、石垣涼子、仲間均、砥板芳行の3氏が登壇した。知念修福祉部長は、障害者の相談業務に当たる中核的な機関となる「基幹相談支援センター」を来年度、市役所に設置する考えを明らかにした。発達障害の支援に当たる職員の配置、公共施設の障害者割引も来年度からスタートさせ、障害者支援を拡充する。尖閣諸島戦時遭難事件の慰霊祭を現地の魚釣島で開催することについて、吉村乗勝企画部長は「遺族会の意思を最大限に尊重する」と答弁。現地開催に反対している遺族会に配慮し、当面は見送る考えを示唆した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html