保守一本化が焦点に 革新は前市長出馬へ 市長選

 来年3月の石垣市長選に向け、与党の自民党石垣支部(支部長・砂川利勝県議)は近く県議、市議で組織する常任総務会を開き、現職、中山義隆氏(46)の擁立を決定する見通しだ。ただ市議会議長の伊良皆高信氏(53)も出馬の構えを崩しておらず、保守陣営の一本化が図れるかどうかが今後の焦点になる。革新陣営は前職、大浜長照氏(66)を擁立する見通し。大浜氏は既に関係者に出馬の意向を伝えており、近く出馬表明するとの観測が広がっている。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html