限られた財源 的確配分 「1件査定」で要求抑制 14年度予算編成作業進む 石垣市

 石垣市の2014年度予算編成作業が進んでいる。厳しい財政状況の中、限られた財源を的確に配分するため、事務事業を1件ごとに査定する「1件査定方式」を導入。維持補修費などの経常的経費について、前年度に比べ7・3%減のマイナスシーリング(減額査定)で予算要求の抑制を求めた。予算総額は10月21日時点の推定で約242億5700万円となった。市は来月、予算案を内示し、最終調整を経て2月中には決定、3月議会に提案する。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html