竹富町がクジャク385羽駆除 3月に探索犬導入へ 今年度は6回作業

18、19日に黒島で駆除されたクジャク(町自然環境課提供)
18、19日に黒島で駆除されたクジャク(町自然環境課提供)

 農畜産物や在来の動植物に被害を与えるクジャクを駆除するため、竹富町クジャク防除対策協議会(服部邦雄会長)による銃器を使用したクジャク駆除が18、19日の2日間、黒島で実施され、89羽のクジャクを駆除した。同協議会による今年度の駆除作業は今回で最後。黒島と小浜島で合わせて6回の駆除作業を実施し、計385羽が駆除された。町自然環境課はクジャクの繁殖期を狙い、来年3月に小浜島でクジャクの巣や卵を探す探索犬を導入して駆除作業を行う。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html