靖国神社には…

 靖国神社には、石垣島出身で沖縄戦の陸軍特攻第1号となった伊舍堂用久中佐も祀られている。今年は石垣島に中佐らの顕彰碑が建立され、国や郷土のために命を捧げた功績が広く再認識されることになった◆中国の国営メディアは靖国神社について「A級戦犯や侵略者が祀られている場所」と説明。ニュースでは、靖国神社に参拝することを「拝鬼」(鬼を拝む)という単語で表現している◆批判の対象はA級戦犯だけかも知れないが、他国の神社参拝を「鬼を拝む行為」と一般化して表現する中国政府の感覚を疑う。八重山住民としても、郷土の先人を侮辱された思いがする◆中国政府は安倍首相の靖国参拝について「戦後の国際秩序に対する挑戦だ」と批判。日本が尖閣の領有権を主張していることに対しても全く同じコメントを出している。尖閣がまぎれもなく石垣市の行政区域であることを知る八重山住民は、参拝を批判する中国政府の物言いが、いかにうさん臭いかを本能的に理解できる◆中国政府は年の瀬にも公船を尖閣海域に派遣し、領海侵犯させている。こうした無法国家の指図を受ける筋合いはない。首相が堂々と参拝することで「領土を守る」という国家の決意も示される。多くの八重山住民も、その決意を後押しするだろう。