女性3人が「はしご乗り」 12日に消防出初め式

先輩団員の指導で、懸垂幕を掲示する(右から)三輪千夏さん、登野盛雅美さん、生駒さつきさん=7日午後8時半過ぎ、市消防本部
先輩団員の指導で、懸垂幕を掲示する(右から)三輪千夏さん、登野盛雅美さん、生駒さつきさん=7日午後8時半過ぎ、市消防本部

 12日、市中央運動公園で開催される出初め式で、ハイライトのはしご乗りを行う、石垣市消防団(新垣能一団長)の練習が年末から始まっている。団員らが気合いを入れて励んでいる。

 はしご乗りは、2004年に25年ぶりに復活。以後県内では石垣市消防団だけが毎年行っている。全団員が仕事を持っているため、練習は夜8時過ぎから。


 消防本部の一角にロープを張って垂直に固定した6メートルの登りはしごの上に、命綱を付けて立つ。竿の直径は10センチに満たず、緊張して震えると、はしごが大きく揺れる。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html