枝肉初セリ、高値維持 最高116万円、平均96万

出品された枝肉の品質を確認するJA職員=10日午前、八重山食肉センター
出品された枝肉の品質を確認するJA職員=10日午前、八重山食肉センター

 JAおきなわ八重山地区畜産振興センターの石垣牛枝肉初セリが10日、八重山食肉センターであり、10頭が出品され、平均価格は96万7002円(前年比10万119円増)、最高価格は116万6400円(同12万7220円増)と、前年から続く高値水準を維持した。昨年の新石垣空港開港で観光客が大きく伸び、石垣牛の需要が高まっており、JA石垣牛肥育部会の仲大盛吉幸部会長は「いい値段で取り引きができた」と話した。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html