「いかなる妥協もせず」 尖閣で首相メッセージ

 石垣市が14日に開いた尖閣諸島開拓の日式典に、安倍晋三首相(自民党総裁)は「尖閣の領有権をめぐり解決すべき問題は存在せず、その帰属について議論の余地はなく、いかなる妥協も行わない方針を今後も貫いていくことを誓う」とするメッセージを送った。西銘恒三郎衆院議員が代読した。


 メッセージで安倍首相は、中国の領海侵入や防空識別圏設定について「力を背景にした現状変更の試みを断じて容認せず、引き続き冷静かつ毅然とした態度で対応していく。漁船の操業の安全確保に全力で取り組む」と強調。「今後ともわが国の領土、領海、領空を断固として守り抜くため、国の総力を結集する」と改めて表明。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html