水牛車運営業者の移転求める 竹富島で住民集会

 竹富町竹富島で水牛車観光を運営している有限会社竹富観光センター(小底朝吉代表取締役)の水牛車営業所移転問題で、竹富公民館(大山榮一館長)は20日、移転要求決起集会を竹富島まちなみ館で開いた。40人が参加し、早期移転を求めて「竹富島の『うつぐみ』の精神を結集して、移転が完了するまで闘う」とした決議文を採択した。また竹富島の聖域・文教地区を守る住民の会が声明文を発表した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html