2014年

1月

29日

「神開き」で神司誕生 「地域に貢献」と抱負 宮鳥御嶽の小川さん

宮鳥御嶽の神司に就任した小川さん
宮鳥御嶽の神司に就任した小川さん

 石垣市石垣の宮鳥御嶽で、新しい神司を誕生させる儀式「神開き」が18日にあり、元公立小学校校長の小川喜美江さん(63)が神司に就任した。小川さんは「大任だと思う。これまでは子どもの教育に携わってきたが、今後は幅広く地域のために誠心誠意、貢献したい」と抱負を語った。


 宮鳥御嶽の神司は3人いるが、うち1人が体調不良で現役を退いていた。後任は代々、小川さんの実家である西石垣家の血筋から出すことになっており、小川さんは昨年から、神司の就任に向けた研鑽を積んできた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html