文科省が中学、高校の…

 文科省が中学、高校の教員向けの学習指導要領解説書に、島根県の竹島と石垣市の尖閣諸島を「我が国固有の領土」と明記する改訂を行うと発表した。正当で当然のことであり、国の対処が遅過ぎたと言いたいところだが、一応、拍手を送りたい◆国が国民と国民の財産である領土を守ることは最も優先順位の高い事案で、国民が自国の領土の範囲を認識するためには、学校教育に組み込むべき事柄だ◆これまで他国の主張に配慮して教科書へ明記することを見過ごしてきたことに筆者は、憤りを感じるほどだ。これからしばらくの間は、「アジア」や「東アジア」と誇大表現される中国と韓国の2国からの激しい反発が予想されるが、はっきり内政干渉として跳ね返すべきだ。これまで歴史問題などで、2カ国の反発に過剰反応を示してきたから外交問題になってしまっていた◆韓国は、日本の初代総理大臣の伊藤博文を暗殺した殺人犯の安重根を称える石碑を、暗殺場所の中国ハルピン市に建てることを中国政府に提案し、中国はその提案を「記念館」という形にし、英雄と呼んでいる。そんな状況の国が日本の教育に口を出す資格はない◆日本の教育は子どもたちに事実を教えるべきで、他国への配慮を優先した教育を行えば、国のかたちが変わってしまう。