観光客数 増えた?減った? 県と航空会社の統計に差 「混在率」の解釈に相違 与那国町

与那国空港から新石垣空港に到着したRACの旅客機。観光客数の解釈をめぐり、意見が割れている(2014年1月撮影)
与那国空港から新石垣空港に到着したRACの旅客機。観光客数の解釈をめぐり、意見が割れている(2014年1月撮影)

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は31日までに、2013年の与那国路線の旅客数が7万2829人で、前年を3170人(4・55%)上回ったと発表した。これに対し、県が発表した入域観光客統計では、新石垣空港開港で八重山全体の観光客数が増加する中、与那国町の観光客数だけ減少している。JTAは「統計の仕組みによるもので、実際には観光客数は増加している可能性がある」と話す。町の観光客数は、増えたのか減ったのか―。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html