町有地の補償交渉難航 南牧場 提示額拒否へ 与那国町、きょう説明会 陸自配備計画

陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設が計画されている与那国町の南牧場(2013年8月)
陸上自衛隊沿岸監視部隊の駐屯地建設が計画されている与那国町の南牧場(2013年8月)

 防衛省が進める与那国町の陸上自衛隊沿岸監視部隊配備計画で、駐屯地建設予定地の一部を賃借している農業生産法人南牧場(大嵩長史代表取締役)の物件補償をめぐる交渉が難航している。防衛省は町と昨年6月、建設予定地の町有地約21㌶を賃借する「仮契約」を締結しているが、今年に入っても「本契約」は締結していない。町は4日、自衛隊配備計画に関する町民説明会を開き、配備に伴って町が要望している各種事業などを説明する予定。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html