反日イデオロギーから街を守れ㊦ 兼次 映利加

 表1は、2002年から2014年までの、計4回の名護市長選挙の結果をまとめたものです。


 それぞれ、有権者・投票者の人数と投票率が数字にあらわされており、表の右側の「賛成派」と「反対派」の数は、基地受け入れに反対の候補者と、賛成の候補者に投じられた票の数をあらわしています。


  まず一番わかりやすいのは選挙毎に有権者の数が伸び続けていますが、この不自然さはグラフ1を併せてみるとよくわかります。人口が増えるのとほぼ同じ数で有権者数が増えているのです。全国的にも地方の過疎化がさけばれるなか、名護では子供ではなく大人が増え続けています。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html