ウコン協同組合設立へ 新品種を生産・加工・販売

ウコン生産の勉強会で講演するホサイン准教授=6日午後、石垣市新栄町
ウコン生産の勉強会で講演するホサイン准教授=6日午後、石垣市新栄町

 石垣市の農家を中心に、ウコンの生産、加工、販売に取り組む「ウコン事業協同組合」を4月に設立する準備が進んでいる。6日には、組合に経営指導する株式会社経営企画石垣支店で勉強会があり、ウコン新品種を開発した琉球大のモハメド・アサド・ホサイン准教授(農学博士)が講演した。

 

 組合はウコンの技術革新、機材設備などをソフト、ハード面から支援する。経営企画の下地恵善取締役代表経営コンサルタントは「ウコンは現在、作っても売れない、買いたくても作らないという現状がある。新品種を活用し、生産、加工、販売を一体化して取り組みたい」と抱負を語った。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html