ヒルギ類が倒木 アンパルで広範囲に

 マングローブ(ヒルギ類の群落)は世界の湿地帯が持つ多様な生態系が、野鳥など生物のゆりかごとなることから重要視され、注目されている。ラムサール条約などで世界の湿地を保護指定するだけでなく、ヒルギ類の植樹に取り組む団体が増えている。そんな中、石垣島のラムサール条約に指定されたアンパル湿地で、広範囲な倒木が確認された。
 原因は不明だが、遊覧船が走ることもできない浅い場所で、ヒルギ類の倒木が激しい。