防空識別圏の撤回を 県市議会議長会が決議

県市議会議長会の定期総会で議案を審議する石垣市の伊良皆議長(13日午後)
県市議会議長会の定期総会で議案を審議する石垣市の伊良皆議長(13日午後)

 沖縄県市議会議長会の定期総会が13日、石垣市内で開かれ、中国が尖閣諸島を含む東シナ海上空に防空識別圏を設定したことに対し、即時撤回と航空機、漁業者の安全に必要な措置を講じるよう求める決議を行った。

 

 昨年2月の臨時総会で石垣市議会が提案した、尖閣諸島に漁業支援施設の整備などを求める決議案については、伊良皆高信議長が「尖閣を取り巻く状況は大変緊迫しており、厳しい」として撤回した。同決議案は各市から慎重論が出たため、継続審議になっていた。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html