候補地検討「絶対ない」 石破氏、自衛隊報道否定

 25日に石垣入りした自民党の石破茂幹事長は、防衛省が石垣島で自衛隊配備の候補地を検討しているという県紙の報道について「そのようなことは絶対にない。まさしく誤った報道だ」と否定した。中山義隆氏の対立候補、大浜長照氏は自衛隊配備反対を掲げて戦う構えを示しているが、自民党や政府は総力を挙げて「火消し」に努めている格好だ。


 石破氏は「基地行政は地域の理解なくしてできるものではない。こともあろうに、サッカー場、埋め立て地に自衛隊を持っていく発想は、私たちにはかけらもない。中山市長が、そのようなことを許すはずはない」と強調。「検討した事実は全くない」と改めて報道を否定した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html