崎ちゃん元気に飛び立つ 交通事故のカンムリワシ

 環境省石垣自然保護官事務所は25日、交通事故に遭ったと見られるカンムリワシの幼鳥を、発見現場付近の崎枝小中学校校庭から放鳥した。カンムリワシは、児童たちに「崎枝」にちなんで「崎ちゃん」と名付けられ、元気な姿で飛び立っていった。
 崎ちゃんは昨年12月17日、市内崎枝の道路付近で、飛べずに動かなくなっていた所を保護。その後、たまよせ動物病院で治療を受け、同27日にカンムリワシリサーチのケージでリハビリを行ってきた。崎ちゃんはまぶたの部分に傷があり、交通事故に遭った可能性があるという。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html