4分野に誘致可能性 高等教育機関、報告書提出

 石垣市教育委員会が設置した高等教育機関等誘致可能性調査事業検討委員会の下地芳郎委員長(琉球大観光産業科学部教授)は24日、報告書を石垣市に提出した。高等教育機関の設置が期待される分野として「観光・エンターテイメント」「医療・理学療法・介護」「環境(エネルギー))「国際科」の4項目を挙げている。14年度以降に具体的な事業可能性調査、15年度以降に事業計画の策定と、誘致相手との個別交渉に入るスケジュールも提示した。


 市民ニーズ調査や事業者へのヒアリング調査から「高等教育機関等の誘致に対する多くの期待が読み取れる」と指摘。教育を充実することで就職に有利な環境を作り、地域振興を推進するべきだとした。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html