水産加工処理施設建設へ モズクなど一体的に 作業効率化に期待 石垣市

老朽化が進む八重山漁協の現モズク加工場(4日午後)
老朽化が進む八重山漁協の現モズク加工場(4日午後)

 石垣市は、モズクやマグロなどの水産物を一体的に加工する水産加工処理施設を、2014年度に八重山漁協の荷さばき場隣接地で建設する計画を進めている。現在のモズク加工場は老朽化が進んでいる上、荷さばき場から離れていることなどの問題点があり、新施設の整備で作業の効率化などが期待される。市は4日開会した市議会に、施設整備費を盛り込んだ13年度一般会計補正予算を提案した。

 

 

全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html