台湾に石垣事務所開設へ 海外観光客誘致に意欲 新空港1周年で市長

インタビューに答える中山市長=5日午後、市役所
インタビューに答える中山市長=5日午後、市役所

 石垣市の中山義隆市長は新石垣空港開港1周年を前に5日、報道各社のインタビューに応じた。台湾からの誘客強化などに向け、4月から台湾に台北事務所を設置し、職員を常駐させる計画を明らかにした。

 

 ―開港1年を迎える心境は。
 「大変多くの観光客に石垣島を訪れてもらって感謝している。夏場にはホテルの予約が取れない状況も発生した。1年間の流れをしっかり検証し、2年目に向け、満足してもらえる観光地づくりを目指したい」


 「観光は大きな産業の柱。2020年の東京五輪に向け、国際線の客を取り込まなくてはならない。中型機の就航でコンテナ輸送が可能になったので、農林水産業の振興を図り、石垣の産品を大都市圏に送れるよう販路を拡大したい」

 

 

全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html