問われる「法治国家」 県教委の責任も重大

 【解説】文科省が竹富町教委に教科書採択をやり直すよう求める是正要求を行った。是正要求は地方自治法に基づいており、町教委は従う法律的な義務を負う。不服申し立てや裁判で争うという道も残されているものの、採択のやり直しを行わない場合、基本的には同法に違反する。罰則規定がないとはいえ、道義的にも政治的にも極めて重い責任を負うことになる。
 町教委は一貫して、八重山採択地区協議会が育鵬社版を選定した経緯を「調査員(現場教員)が推薦しない教科書が選ばれた」と批判してきた。県教委もこうした町の主張を後押しし、是正要求の支持に従おうとはしなかった。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html