竹富町教委に是正要求 文科相「違法状態解消を」 町反発、24日協議へ

 竹富町教育委員会が八重山採択地区協議会の選定に従わず、独自の中学校公民教科書を使用している問題で、文部科学省は14日、地方自治法に基づき、採択をやり直すよう求める是正要求を出した。国が市町村に直接是正要求するのは初めて。竹富町教委の慶田盛安三教育長は「政治介入だ。文科省は姿勢を改めてほしい」と反発した。町教委は24日の定例会で対応を協議する予定。

 

 町は現在、東京書籍の公民教科書を使用しているが、文科省は新年度の4月から、教科書採択をやり直し、協議会が選定した育鵬社版に切り替えるよう求めている。是正要求は地方自治法に基づいており、町は採択をやり直す法律上の義務を負う。町は30日以内に、第三者機関の係争処理委員会に不服申し立てを行うこともできる。下村博文文科相は14日の記者会見で「法治国家として違法状態を解消するのは当然のことだ」と述べ、従わなかった場合は違法確認訴訟をすることも示唆した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html