30日に初のハワイ公演 八重高郷芸部意気込む

ハワイ公演を楽しみにする八重高郷土芸能部とハワイの沖縄系人=八重高
ハワイ公演を楽しみにする八重高郷土芸能部とハワイの沖縄系人=八重高

 八重山高校郷土芸能部(名嘉夏海部長、部員23人)が初めてのハワイ公演を今月30日に行う。ハワイの沖縄県系人で琉球伝統芸能文化の保存と継承を目的に構成された御冠船歌舞団(ウクワンシン・カブダン)の招きに応じたもの。
 17日、名嘉部長、御冠船歌舞団のエリック和多代表が同校で発表した。
 名嘉部長は「ハワイでは、八重山の伝統芸能の良さを伝えられるように頑張りたい」と決意を述べた。


 エリックさんは、「ハワイの学校では、ハワイ語を方言ではなく、英語と同様な扱いをしている。沖縄でも自分が住む地域の言葉を知ってもらいたい。言葉が無くなると、その地域のアイデンティティー(主体性)が消える」と述べ、全国大会でも優秀な成績を収めている同校に期待した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html