新年度以降に住民投票 役場移転の諸条件整備 竹富町議会一般質問

 竹富町議会(西大舛髙旬議長)3月定例会は18日、一般質問の日程に入り、初日は西大舛髙旬、宮良用範、島仲秀憲、東迎一博の4氏が登壇した。役場移転に関する住民投票の実施について、川満栄長町長は「任期期間中の3年目から4年目にかけて実施する。諸準備を行い、住民投票実施に向けて取り組む」と大まかな時期を示した。黒島診療所の常駐医師が3月末で自主退職し、4月から医師が不在になることについて、與那覇忠健康づくり課長は「後任の医師については、県外在住の医師と交渉を行っている段階」とした。役場移転については西大舛、島仲、東迎の3氏が質した。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html