キャンプ場縮小も視野 市のゾーニング案白紙に 米原

市は米原キャンプ場の縮小も視野に施設整備の検討を進める(資料写真)
市は米原キャンプ場の縮小も視野に施設整備の検討を進める(資料写真)

 石垣市が策定中の「観光施設・観光地再整備計画」案で示された米原キャンプ場の再整備とゾーニング(区域分け)案が、地域住民との意見交換の結果、白紙に戻っていたことが21日分かった。住民からはキャンプ場の縮小や「海浜公園」としての再整備を求める声が上がった。市は今月中に同計画を策定するが、米原キャンプ場のあり方については、同計画とは別個に、今後も検討作業を続ける。

 

 同計画案では米原キャンプ場、底地海水浴場、玉取崎展望台を「重点観光施設・観光地」として再整備する方針を示している。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html