町教委 是正要求拒否へ 「学校現場は明るい」 竹富町教科書問題

定例会後に記者会見を行った竹富町教育委員会=24日午後、町役場
定例会後に記者会見を行った竹富町教育委員会=24日午後、町役場

 八重山採択地区協議会の選定とは違う中学校公民教科書を使用し、文部科学省から是正要求を受けた竹富町教育委員会の定例会が24日開かれ、現段階では是正要求には応じないことを確認。第三者機関の国地方係争処理委員会への不服申し立てについては今後、専門家の意見を聞きながら検討し、4月11日までに結論を出す。竹教委の慶田盛安三教育長は「町の学校現場は決して荒れている訳ではなく、明るく教育活動が行われている。まさかという思いが大きい」と述べた。

 

 定例会を非公開で協議。町教委は国が市町村へ直接、是正要求をすることが全国で初めてであることを踏まえ、専門家や学識経験者から意見を求めて、最終的な結論を出すことを決めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html