「権力が教育ゆがめる」 文科省の是正要求に抗議

文科省の是正要求に抗議する緊急住民集会が開かれた=26日夜、市健康福祉センター
文科省の是正要求に抗議する緊急住民集会が開かれた=26日夜、市健康福祉センター

 文科省が竹富町教育委員会に対し、中学校公民教科書の採択やり直しを求める是正要求を出したことに抗議する緊急住民集会(主催・子どもと教科書を考える住民の会)が26日夜、石垣市健康福祉センターで開かれ、約150人が参加した。登壇者からは「反動化の政治潮流の中で八重山が狙われている」「学校現場は委縮している」などと危機感を訴える声が相次いだ。
 琉球大の山口剛史准教授は「対立や問題が生じたときに当事者が理性的に話し合い、解決の道筋をつけられるのか。八重山の子どもたちは大人を見ている」と文科省を批判。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html