尖閣環境調査に異論も 工事契約「唐突」野党反発 市議会最終本会議

尖閣諸島自然環境基礎調査事業を盛り込んだ一般会計予算の採決で、起立して賛成する与党=27日午前、議場
尖閣諸島自然環境基礎調査事業を盛り込んだ一般会計予算の採決で、起立して賛成する与党=27日午前、議場

 石垣市議会(伊良皆高信議長)は27日、2014年度一般会計当初予算など28議案を可決、閉会した。同予算に盛り込まれた尖閣諸島自然環境基礎調査事業については一部異論も出た。石垣港6号上屋建築工事契約は最終本会議での上程となったことから、野党が「唐突な提案だ」と反発。与党の賛成多数で可決された。

 

 一般会計予算に盛り込まれた尖閣諸島自然環境基礎調査事業では、尖閣の写真を航空機で撮影する計画などが盛り込まれている。野党の石垣三雄氏は「万が一の衝突を避けるため、関係国相互の自制が極めて大事。どうしても必要なら調査や自然環境の保護も含め、政府に要請するべきだ」と反対した。