待機児童ゼロに挑戦 保育園の認可化や増改築支援 定員120人増、保育士誘致も 石垣市

老人施設慰問でおゆうぎを披露する「みよし保育園」の子ども(2012年9月)
老人施設慰問でおゆうぎを披露する「みよし保育園」の子ども(2012年9月)

 石垣市が2014年度から2年間かけ「待機児童ゼロ」に挑戦する取り組みをスタートさせた。今年度も60人前後の待機児童が見込まれているが、市は認可外保育園の認可化と認可保育園の増改築支援を進め、15年度で認可保育園の定員を120人増やす方針。保育士不足を解消するため、島外の保育士が市で就職を希望する場合、渡航費用の一部を補助する。子育て支援に力を入れる中山市政は、1期目で全幼稚園での預かり保育を実現。待機児童ゼロは二期目の目玉事業の一つになりそうだ。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html