アクエリアス号 今年初寄港 関係者が歓迎セレモニー

今年初めての寄港でカール船長らを歓迎した=石垣港
今年初めての寄港でカール船長らを歓迎した=石垣港

 台湾からのクルーズ船「スーパースターアクエリアス号」が7日午後、今年初めて石垣港に寄港した。今年は、10月までほぼ週2回(月・木曜日)、計63回の石垣島の寄港を予定している。昨年は56回、約8万3000人を送客した。


 この日、乗員・乗客総勢2527人を乗せた同船の歓迎セレモニーが石垣港F岸壁で行われ、石垣市からカール・ジョン・ニラマーク船長らスタッフに花束と記念の楯を贈り、今年の初寄港を歓迎した。


 漢那政弘副市長は「島の景観やおいしい食、豊かな文化を楽しんでほしい。短い滞在だが、いい思い出が残せるよう願っている」と期待を込めた。

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html