今年度もスタート 冠鷲P 登小で

登小イーグルスの学習支援事業が開始した=9日夕、同校
登小イーグルスの学習支援事業が開始した=9日夕、同校

 放課後の部活動が始まるまでの隙間時間を使い、児童が学校の宿題などの学習を行う冠鷲プロジェクト「学習支援事業」の開始式が9日、登野城小学校で行われた。同校サッカーチーム「登小イーグルス」の児童たちが父母会のサポートを受けながら、1年間取り組んでいく。


 学習支援事業は2011年から開始しており、同校は今年で2年目。毎週2回、部活が始まるまでの30分間、国語と算数を中心としたプリントや学校から出された宿題などに取り組む。児童約20人が参加する予定。

 

 

▼全文は「新聞オンライン.com」で
http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo.html