14年連続で1位に ダイブ&トラベル大賞で石垣島

ベストダイビング国内エリア14年連続1位の報告を行った八重山ダイビング協会=10日午後、市長室
ベストダイビング国内エリア14年連続1位の報告を行った八重山ダイビング協会=10日午後、市長室

 ダイビング専門誌の年間読者投票と、マリンダイビングフェアで行う投票で決定する「第14回ダイブ&トラベル大賞2014」のベストダイビング国内エリア部門で、石垣島が14年連続で1位に選ばれた。八重山ダイビング協会(園田真会長)は10日、石垣市役所を訪れ、中山義隆市長に受賞を報告した。

 

 同大賞は、ダイビング専門誌の読者投票と、昨年4月5日から7日に開催された「マリンダイビングフェア2013」の来場者投票で決定する。石垣島は、同賞が始まった2000年から同部門で1位を独占。今回は9022票の投票があり、石垣島は1134票を獲得した。